y.u mobileも格安SIMなのに安定した速度なのはどうして?

2021年1月14日

y.u mobile には安定した速度を維持する仕組みがあった #2

格安SIMの提供事業者は、利用者の数に合わせて最適な規模の通信帯域を用意しています。
そのためみんながスマホを利用して混雑しがちな昼や夕方の時間帯には、速度が遅くなってしまいがちです。

そんなピークタイムの時間帯には速度が1Mbpsを下回るMVNOもあり、動画の視聴はもちろん、通常の検索にも不便を感じるといった意見も聞かれます。

それなのにy.u mobileでは、この混雑しがちな時間帯でも、いつものように快適にスマホを利用できるといったコメントがSNSに寄せられています。


y.u mobileの通信速度に対するユーザーの声

 

実際には、y.u mobileでもピークタイムの時間帯には、速度の差が出ているようです。
とはいえ遅くなる時間帯であっても、30Mbps程度の速度を維持。空いている時間帯にはその速度が100Mbpsにもなり、ハイビジョンの映像を観ることも可能な速度に。


どの時間帯でも快適にインターネットが利用できる速度をキープできているのがy.u mobileの強みです。つまりy.u mobileでは通信帯域の太いパイプを持っていて、ピークタイムの時間帯でも、速度が遅くならないだけの余裕があるということ。
でも特にプラン料金が高いというわけではありません。なぜy.u mobileでは、安定した速度が提供できるのでしょうか?


それはグループ企業と一緒に、回線を有効活用しているから。

y.u mobile の母体は店内BGMに利用されている有線放送の会社であり、
その音楽配信は現在、インターネット回線にシフトしていて、Wi-FiやPOSレジ、キャッシュレス決済、店舗アプリ、監視カメラなどのITサービスも提供しています。


この法人利用でもインターネット回線を使用していて、y.u mobileと共同で利用しているので、その分、余裕のある通信帯域を維持できるというわけ。


でも単にグループ企業と共同利用しているだけで、y.u mobile の速さがキープできているわけではありません。
それにはちょっとした工夫があるのです。

このひみつについて知りたい人は y.u mobileが安定した速度を維持できる仕組みとは? をクリック!