音声通話SIMとデータSIMの違いは何?

2022年1月7日

音声通話SIMとデータSIMの違いは何?

スマートフォンをお得な料金で利用できる格安SIM。

この“格安SIM”という言葉は知っていても、SIMがどういうものか、わかっていない人も多いのでは? 

そこでSIMの役割や種類について詳しく説明します。

SIMカードとは

SIM(シム)とは、固有のID番号が記録されたICカードのこと。

このカードの中に契約者の情報や電話番号などを記録することで、スマホで電話やインターネットが利用できるようになります。

SIMカードとは

ドコモではドコモのSIMカード、auではauのSIMカードといったように、事業者ごとにSIMカードを発行しているので、大手キャリアから格安SIM事業者に乗り換える場合には、SIMカードを格安SIM事業者のものに入れ換える必要があります。

大手キャリアの場合、契約時や機種変更時などのSIMカードの入れ替えは、ショップではスタッフがやってくれるので、これまでSIMカードを見たことがないという人もいるでしょう。

ですが通信事業者と契約しているスマホには必ずSIMカードが入っていて、スマホの側面から抜き差しできるようになっています。

なおSIMカードには3つのサイズがあり、スマホによって利用できるサイズが異なります。

音声通話SIMとデータSIMはどう違う?

 SIMカードには大きく分けて、音声通話SIMとデータSIMの2種類があります。

■音声通話SIM

音声通話SIMとは、電話番号が登録されていて、電話機能とデータ通信の両方が利用できるSIMカードのこと。

一般的に多く使われているのがこのタイプです。

データSIMより基本料金が高いものの、大手キャリアで契約するのと同じように、音声通話とデータ通信のどちらも利用可能です。

■データSIM

データSIMとは、データ通信専用のSIMカードのことです。

電話番号をもたず、電話回線を利用した音声通話はできません。

データ通信によりインターネットやアプリへの接続は可能なので、LINEも使えますし、LINEやSkype等の通話サービスも利用できます。

またデータSIMでは、データ通信に加えてオプションでSMSを追加することができます。

SMSとは、ガラケーやスマホの電話番号に送れるショートメールのことで

SMSの追加で電話は利用できないものの、電話番号を利用した手軽なコミュニケーションが利用できるようになります。

つまりSIMカードは
音声通話SIM、データSIM、データSIM+SMSの3つに分類されます。

音声通話SIM、データSIM、データSIM+SMSの3つに分類

音声通話SIMとデータSIMでは仕様が異なります。

もし契約後に音声通話SIMをデータSIMに変更したい、またその逆の場合も、契約の変更だけではなくSIMカード自体を変更する必要があります。

その際、契約の変更手数料やSIMカードの発行手数料などが必要になるケースもあるので、自分がどのタイプのSIMカードを使いたいのか、予め検討しておくことが大切です。

 

音声通話SIMとデータSIMはどう選ぶ?

■音声通話SIM

音声通話SIMがおすすめの人は、格安SIMをメインのスマホとして、大手キャリアから格安SIMに乗り換えたいと思っている人

音声通話SIMでは電話・データ通信・SMSのいずれも利用できるので、スマホを従来通りに利用することができます。

同様にガラケーからスマホに乗り換えたいけど、毎月のケータイ料金を高くしたくないという人にもおすすめです。

月額2,000円程度とガラケー並みの料金で使用できるので、これまでと大差ない金額でスマホを利用できます。

もちろん、電話でよく話す人にも音声通話SIMがおすすめ。

スマホアプリを使う音声通話よりも、従来通りの電話回線での通話の方が遅延もなく、明瞭に通話ができますし

スマホの操作に不慣れな方は、音声通話SIMの利用が安心です。

■データSIM

一方、データSIMがおすすめの人は、メインのスマホは持っていて、別にタブレット端末を使いたいなど、サブ端末を使いたい人

電話の機能はメインのスマホがあるので、データが使えればいいという、2台目の用途に向いています。

例えばデータSIMは、LTE対応のノートパソコンでも利用できます。

Wi-Fiのあるカフェに入らなくても、いつでもどこでもパソコンをインターネットに接続できるようになるので、効率的にテレワークができます。

例えばy.u mobileのシングルプラン 5GBは、音声通話SIMが1,070円、データSIMが800円。

データSIMなら音声通話SIMよりも料金を抑えて、快適に利用できます。

ほとんど電話を使わないという人なら、メインのスマホでデータSIMを利用するのもいいでしょう。

前段でお伝えしたように、LINEやSkype等の無料通話サービスを利用すれば音声通話が可能。

110番や119番などの緊急通報も、「緊急通報ナビ(App Store / Google Play)」というアプリとIP電話を利用することで解消できます。

ただアプリをインストールする時などに、SMSでパスコードを送ることで本人確認するケースが多いので、データSIM をメインのスマホに利用する時は、SMSありのプランを選んでおいた方がいいでしょう。

y.u mobileについて

格安SIMを検討している方にご紹介したいのが、y.u mobile(ワイユーモバイル)です。

y.u mobileとは、シンプルと満足の両立を、とことん追求する格安SIMです。

■料金プラン

使い方に応じた「シングル」「シングル U-NEXT」「シェア U-NEXT」 の3タイプをご用意。

「シングル U-NEXT」「シェア U-NEXT」には動画配信サービス U-NEXTの月額プラン(月額2,189円)が含まれているので、エンタメも楽しむことができます。

すべてのプランに複雑な条件やオプションはないので、あれこれ迷うことなく自分にあったプランを選ぶことができます。

y.u mobileは選べる充実の3プラン

■他にも魅力がいっぱい

y.u mobileではお客様に低価格で安心してご利用いただくために、格安のデータチャージをご用意しています。

一般的に大手携帯キャリアでは、1GBあたり550~1,100円でデータチャージが可能ですが、y.u mobileは1GBたったの330円

より多くのデータが必要な場合は、1,200円で10GBまとめてチャージも可能です。

万が一ギガが使い切れなくなっても、「永久繰り越しギガ」で100GBまで貯めておけるのでギガが無くなってしまう心配もありません!

またスマホが故障した際に便利なのが、「修理費用保険」

お客様負担は0円で、年間最大 3万円(非課税)までの修理費用を補償してくれるのでとっても安心です。

■通信速度とエリア

2021年6月に実施した「ユーザー速度満足度調査」では、89%の方にy.u mobileの速度についてご満足頂きました。

y.u mobileでは混雑しがちな時間帯でも、安定した通信速度を提供できるように、独自の工夫を行っています。

また、y.u mobileはドコモのネットワーク設備を借りてサービスを提供しているため、ドコモ回線がつながるすべての場所でご利用いただけます。

初月無料キャンペーン

現在y.u mobileでは、月額基本料が初月無料となるキャンペーンを実施しています。

●利用開始月の月額基本料金(プラン基本料金+SIM基本料金)が無料となります。
※y.u mobileの月額基本料金は開通した月の翌月から発生します
※通話料およびSMS通信料、かけ放題の月額利用料は初月無料の対象外となります

●U-NEXTポイント(1,200ポイント)を進呈します。
※U-NEXTポイントは当社にて本サービスの利用開始が確認でき次第、順次付与いたします
※付与されたポイントはマイページでご確認いただけます

スマホ代の見直しを検討されている方は
この機会に、ぜひy.u mobileのご利用をご検討ください。

初月無料キャンペーン

お申し込みはこちらから!