SIMカードの入れ替えってどうやるの?

2021年1月14日

SIMカードの入れ替えってどうやるの?

SIMカード入替作業はとてもカンタン!

方法さえわかれば、誰にでもできます。

SIMカードをセットする場所はスマートフォンによっても異なりますが、たいていは本体側面や上部または底部にある専用スロット、または背面のカバーの中のいずれかになります。

スマートフォンの電源を切った状態で入替することをおすすめします。

iPhoneのSIMカードの入替方法

iPhoneの場合は本体の右側面にSIMカードを入れる専用のスロットがあります。

小さな穴が目印で、この穴にiPhoneに付属のピンを押し込み、出てきたトレイを引き抜きます。

iPhoneのSIMカードの入替方法

新たにセットするSIMカードの角をあわせてトレイにはめ込み、トレイをスロットに戻したら、しっかり押し込みます。

このとき、トレイが裏表反対になっているとうまく差し込めません。

無理矢理押し込まずに、向きをしっかり確認してから挿入してください。

AndroidのSIMカードの入替方法

Androidスマートフォンは、機種によってSIMカードをセットする場所が違います。

本体側面や上部または底部に専用スロットがある場合も、入口がキャップですぐに開けられるものと、細い専用のピンを使用しないとトレイを取り出せないものがあります。

■ピンを使う場合

本体側面や上部または底部の小さな穴にスマートフォン付属のピンを押し込み、出てきたトレイを引き抜きます。

AndroidのSIMカードの入替方法_ピンを使う場合

スマートフォンによってはデュアルSIMといって、1つのトレイにSIMカードが2枚セットできるようになっているものもあります。

トレイに小さく数字が書かれている場合は、「SIM1」と書かれている方にセットします。

どちらにセットしていいかわからない場合は、スマートフォンの説明書などで確認しましょう。

なお、スマートフォンによっては、SIMカードとmicroSDカードが一緒にセットできるようになっているものもあります。

SIMカードの向きをあわせてトレイに乗せ、トレイをSIMカードスロットに戻したら、しっかり押し込みます。

このとき、トレイの向きが間違っているとうまく差し込めません。

無理矢理押し込まず、トレイの裏表をしっかり確認して、SIMカードの角を合わせてから再度挿入してください。

■キャップタイプの場合

キャップをはずして、中の専用スロットからトレイを引き抜きます。

向きをあわせてSIMカードをトレイにセットし、しっかり押し込みます。

AndroidのSIMカードの入替方法_キャップタイプの場合

なおデュアルSIMの場合は、<ピンを使う場合>と同様にセットします。

トレイがスロットに収まったのを確認して、キャップをしっかり閉めます。

特に防水タイプのスマートフォンは、キャップがしっかり閉まったどうか確認しましょう。

■背面にSIMカードスロットがある場合

背面のカバーを外します。

中に専用スロットが見えるので、SIMカードの向きを揃えてセットし、背面のカバーを装着し直します。

カチッとした手応えを感じるまで滑り込ませるように押し込んでセットするタイプのほか、抑えのカバーを開けてセットし、カバーを戻すタイプもあります。

またバッテリーが外せるスマートフォンでは、SIMカード用のスロットがバッテリーを取り外した下にある場合もあります。

いずれのケースも、トレイの近くにSIMカードのアイコンが描かれていますので、その向きを参考にセットしましょう。

AndroidのSIMカードの入替方法_背面にSIMカードスロットがある場合

SIMカードを正しく挿入して電源を入れると、スマートフォンの画面の上に電波ピクト(電波のアイコン)が表示されます。

なお、SIMカードを入替しても写真やメール、アプリの履歴などが消えることはありません。

ただしLINEはSIMカードの入替をする前に、引き継ぐための手続きをしておく必要があります。

音声通話対応SIMの場合は、SIMカード入替後にすぐ通話ができます。

ただしモバイルデータ通信をするためには、APN(Access Point Name)設定が必要になります。