格安SIMでもテザリングはできる?

2021年7月27日

格安SIMでもテザリングできる?

テザリングとは、スマホを利用して、パソコンやタブレット、ゲーム機などをインターネットに接続する機能です。

スマホをモバイルWi-Fiルーターのように使える機能と言ってもいいでしょう。

 

格安スマホ、格安SIMでテザリングは使えるのでしょうか?

 

ほとんどのMVNOでは、大手携帯キャリアと同様にテザリングの利用が可能です。

また、最近のスマホは、ほぼ問題なくテザリングが利用できますが、使用する機種によってはできないものもあります。

 

ここではテザリングとその利用方法についてご紹介しましょう。

 

スマホがルーターになる便利なテザリング

スマホは持ち運びができるので、外出中でもさまざまな機器をつなぎ、どこでもインターネットに接続させることができる

例えば、パソコンでWebサイトを閲覧するにはインターネットに接続する必要があります。

一般的に、自宅やオフィスでは、据え置き型のルーターにパソコンをつないでインターネットに接続しますが、このルーターの役割をスマホで担うのがテザリングです。

スマホは持ち運びができるので、外出中でもさまざまな機器をつなぎ、どこでもインターネットに接続させることができるのが便利な点です。

 

スマホとパソコンなどをつなぐ方法には、基本的に無線の「Wi-Fi」と「Bluetooth」、有線の「USBケーブル」の3種類があります。

 

テザリングの注意点

数年前までは、格安SIMと大手携帯キャリアから購入したスマホの組み合わせでは、テザリングができないケースがありました。

テザリング利用時に、通るネットワークのルートが強制的に大手携帯キャリアのものに決められてしまうためで、端末のSIMロックを解除しても解決できませんでした。

 

ですが最近は格安SIMでも、ほぼ問題なくテザリングができるようになっています。

ただ、まれにできない端末もあるので、事前にMVNOの動作確認端末のページを確認することが確実です。

y.u mobileに対応している端末については、こちらからご確認ください。 

 

また、テザリングでタブレットやパソコンを接続すると、消費するデータ容量がかさみがちになります。

余裕を持ったデータプランを選んでおく方が安心です。

1GBでどれくらいのデータ量を送受信できるかは、こちらも参考にしてください。

 

Wi-Fiによるテザリングの方法

■iPhoneの場合

Wi-Fiによるテザリング方法(「設定」を開き、「インターネット共有」をタップ)

 「設定」を開き、「インターネット共有」をタップします。

テザリングを使用するには、「インターネット共有」の項目にある「ほかの人の接続を許可」のスイッチをタップしてオン(緑色)にします。

画面にはWi-Fiのパスワードも表示されています。

Wi-Fiのパスワード変更も可能

「“Wi-Fi”のパスワード」をタップすると、パスワードを変更することができます。

パソコンやタブレットなどでWi-Fiに接続する

パソコンやタブレットなどでWi-Fiに接続する操作を行います。

MacやiPadの場合、iPhone側のテザリング設定がオフであっても接続できる機能があります。

テザリングでの接続に成功すると、iPhoneの画面左上部に青い帯が表示

テザリングでの接続に成功すると、iPhoneの画面左上部に青い帯(画像では時刻表示の部分)が表示されます。

■Androidの場合

 「Pixel 4a(5G)」を例に解説しています 。

「設定」から、「ネットワークとインターネット」→「アクセスポイントとテザリング」を開く

「設定」から、「ネットワークとインターネット」→「アクセスポイントとテザリング」を開きます。

テザリングには、基本的にWi-Fi、Bluetooth、USBの3種類の接続方法があります。

「イーサネット テザリング」はAndroid 11から追加された機能で、アダプタを使ってLANケーブルを接続することで機器をインターネットに接続させることができます。

ここでは、「Wi-Fiアクセスポイント」を選択し、タップします。

スイッチをタップして「ON」に

スイッチをタップして「ON」にします。

メニューをタップすると、アクセスポイント名やパスワードを変更することができます。

インターネットに接続したい機器でWi-Fiの接続操作

パソコンなど、インターネットに接続したい機器でWi-Fiの接続操作をすれば完了です。

 

Wi-Fi以外のテザリングの方法

Wi-Fi以外の接続方法のうち、USBテザリングは、USBケーブルを使って機器とつなぎ、インターネットに接続する方法です。

USBテザリングは一般的に、Wi-FiテザリングやBluetoothテザリングよりも通信が速いというメリットがあります。

 

iPhoneとMacであれば、Lightning-USBケーブルでiPhoneとMacをつなぎ、Macのネットワーク設定でiPhoneを選ぶだけでUSBテザリングが可能です。

ただし、AndroidスマホとMacでUSBテザリングするには、別途Macにドライバをインストールする必要があり、少し手間がかかります。

ここでは簡単なiPhoneとMacの場合をご紹介します。

 

■iPhoneとMacでUSBテザリング

iPhoneとMacをUSBケーブルで繋ぐ

iPhoneとMacをUSBケーブルでつなぎます。

Macのネットワーク設定で「iPhone USB」を選択

iPhoneとMacで信頼を確立した後、Macのネットワーク設定で「iPhone USB」を選びます。

Wi-FiやBluetoothをオフにして、USBテザリングで通信できているか確認してみましょう。

 

■AndroidスマホとパソコンでBluetoothテザリング

 Bluetoothテザリングは、Bluetoothの通信でスマホと機器をつなぎ、インターネットに接続する方法です。

BluetoothテザリングはWi-FiテザリングやUSBテザリングよりも通信速度は遅いものの、消費電力が少なく電池が長持ちするというメリットがあります。

スマホとパソコンをBluetoothでペアリング

最初にスマホとパソコンをBluetoothのペアリングをします。

Androidスマホとパソコンで同じ数字が表示されるので、それぞれで「ペア設定する」または「接続」を選択します。

「Bluetoothテザリング」のスイッチをオンに

Androidスマホで「設定」→「ネットワークとインターネット」→「アクセスポイントとテザリング」と進み、「Bluetoothテザリング」のスイッチをオンにします。

パソコンで「アクセスポイント」を選択

パソコンの「設定」→「ネットワークとインターネット」→「アダプターのオプションを変更する」→「Bluetoothネットワーク接続」をダブルクリックで開きます。

「デバイス」でAndroidスマホを選択(画像では「Pixel 4a」)し、「接続方法」→「アクセスポイント」を選択します。

「インターネットに接続されています」と表示

「設定」→「ネットワークとインターネット」に戻り、「インターネットに接続されています」と表示されていることが確認できれば、Bluetoothテザリングでの接続が成功です。

Bluetoothテザリングは、Wi-FiやUSBテザリングに比べて速度が遅くなります。

一方でスマートフォンの消費電力は少なくなりますので、バッテリー残量の少ない場合はこちらの方法を利用すると便利です。