格安SIMでもiPhoneのApple Payは使える?

2021年3月12日

格安SIMでもiPhoneのApple Pay

大手携帯キャリアから格安SIMに乗り換えた時に、今のスマホの使い勝手がどこか変わってしまうのか、不安を感じる人は多いでしょう。

ですが格安SIMに変わっても、ほぼ今まで通りに利用することができます。

ここではiPhoneで使えるApple Payについて解説します。

格安SIMでもiphoneは使える

ドコモやソフトバンクのiPhoneを利用していた人が、ドコモの回線を利用しているMVNOに乗り換えた場合、ほぼ今までと変わりなく利用することができます。

厳密には、キャリア独自のサービスやキャリアメールは格安SIMでは利用できませんが、それは契約する事業者が変わるので当たり前のこと。

キャリアメールが使えなくても、無料のメールサービスは格安SIMでも引き続き利用することができますし、それ以外のスマホの機能は、ほぼそのまま利用することができます。

ただし、端末の種類によっては格安SIMを利用できない場合もあります。

いまお持ちのiPhoneが、y.u mobileに対応しているかどうかはこちらからご確認ください。

格安SIMでもApple Payは使える?

携帯キャリアと同様に、格安SIMでもApple Payを利用することができます。

国内で販売されたiPhone 7やiPhone 7 Plus以降のiPhoneにはFeliCaチップが搭載されていて、支払いや改札通過の時に、FeliCaチップを使ってデータのやり取りをしています。

Apple Payを利用するには、FeliCaチップが搭載されている端末であることが重要で、SIMカードの種類は問いません。

Apple Payで何ができる?

■電子マネーに対応

iPhoneで利用できる決済サービスのApple Pay。

クレジットカードを登録しておけば、店舗の決済端末にかざすだけで支払いができます。

その際、支払い方法はiDもしくはQUICPayになります。

自分のクレジットカードがどちらになるのかわからない場合は、iPhoneのWalletアプリに登録されているカードを見れば、どちらかのマークが表示されています。

交通系ICカード「PASMO」もiPhoneで利用可能に

Apple PayではiD、QUICPayの電子マネーに加えて、交通系のSuica、2020年10月6日からはPASMOも利用できるようになりました。

Suica、PASMOのエクスプレスカードを登録しておけば、全国の電車やバスなどに乗ることが可能。

都市部ではキャッシュレス決済できる店舗が増えているので、iPhoneさえ持っていれば、現金を持たなくても特に困らずに1日過ごせる環境が整いつつあります。

iD

QUICPay

  • Apple PayのQUICPayについてはこちら
  • QUICPayの対応店舗・サービスはこちら

Suica

PASMO

■ポイントカードも登録可能

またWalletアプリにはポイントカードを登録することもでき、現在はPontaカードとdポイントカードに対応。

Ponta加盟店やdポイントカード加盟店でApple Payを使って支払いをする時に、レジのスタッフに「Apple Payで」と伝えることで、決済と同時にポイントも獲得することができます。

支払いの前に、ポイントカードを提示しなくてもいいところがスマートです。

Pontaカード

  • Apple WalletのPontaカードについてはこちら
  • Pontaカードの対応店舗・サービスはこちら

dポイントカード

  • Apple Walletのdポイントカードについてはこちら
  • dポイントカードの対応店舗・サービスはこちら

■飛行機の搭乗券やギフトカードも登録可能

そのほかWalletアプリには、飛行機の搭乗券やギフトカードなども登録できます。

Walletという名前の通り、アプリにはクレジットカード、ポイントカード、ギフトカードなど、お金に関する大切なものをまとめておくことができます。

このように多彩な機能があるWalletアプリやApple Payの便利さを、格安SIMでも同様に味わうことができるのです。